Amazon最安のRaspberry Pi Model B+のケースが予想外によかった件

別に必須のものではないとはいえ、やはり基板むき出しのRaspberry Piをそのまま運用するのは少々気が引けるのでAmazonでケースを探してみたんですが、Model B+は発売されたばかりということもあってかあまりケースの種類がありませんでした。

2種類のケースで多少迷いましたが最終的に購入したものがイイ感じだったのでちょっと紹介してみます。何かの参考になれば。

スポンサーリンク

Raspberry Pi B+ Enclosure

 ケースにラズベリーのロゴが刻印してある、ちょっとオシャレなタイプのケースです。色もクリアとブラックの2色から選べます。全体的に開口部が少なくホコリ等の侵入を最小限にできるという意味では、最もケースとしての機能が高いといえるかもしれません。

ただよく見ると「GPIOコネクタを接続すると蓋が閉められない場合があります」と商品説明に書いてありました。「それってケースとしてどうなんだ?」と思うのでこれは大きなマイナスポイントです。

また開口部が少ないということはエンクロージャ内の温度が上昇しやすいということです。実際上は問題ないかもしれませんが、Raspberry Piには冷却用のファンがついていないため、できるだけ通気性をよくしてあげたいところです。

Case for Raspberry Pi model B+

 今回はこちらのケースを購入しました。こちらのケースもクリアとブラックの2色から選べますが、せっかくなので中身が見えるクリアにしてみました。

購入の決め手となったのは「GPIOピン上部が大きく開口していること」「開口部が大きいため通気性がよいこと」の2点です。先ほどのケースの気になる2点が解消されているところが気に入りました。

入れてみた

写真
実際に入れてみたのがこちら。GPIOピン上部が大きく開口しているため、GPIOにパーツを接続してもケースと干渉することはなさそう。通気性も確保できます。

さらにもう一点。これはケースを購入して実際に入れてみるまで知らなかったのですが、このケースは装着したままの状態でもmicroSDが抜き差しできます。こんな感じです。
Raspberry-pi-case
Raspberry Piは各OSがインストールされたmicroSDを交換することで気軽に起動するOSを変更することができるので、色々なOSで遊びたい人にはこのケースはかなりオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする