Mars Editで初期設定時にエラーが出る場合の対策方法

最近全然ブログを書く時間がとれずあんまり良くない傾向だなーと思ってたので、前から気になってたMacの定番ブログエディタのMars Editをなんとなく導入してみることにした。

これでブログを書くスピードも上がってサクサク記事を書けるようになるはず。と思いきや、早速壁にぶち当たる。

初期設定できない…だと…

スポンサーリンク

Stinger5で初期設定できない

色々調べてみると、ブログごとの設定画面(ブログ名を右クリックすると表示される)でブログURLとAPI Endpoint URLを設定したらすぐに使える的なことが書いてあるブログがたくさん見つかったが、そのとおりに設定しても「設定に失敗しました」という旨のエラーが出てブログ記事を読み込めないという現象が発生した。

ちなみにAPI Endpoint URLにはブログURL/xmlrpc.phpを指定するらしい。このブログだとhttp://callit-tips.com/xmlrpc.phpという感じ。ただしこの設定をしても自分の環境ではブログの読み込みに失敗する状態になってしまっていた。

さらに調べてみると同じような現象が発生している人がいるらしかった。どうもカスタムのテーマではちゃんと設定していてもブログが読み込めないことがあるらしい。

このブログではフリーのワードプレステーマとして有名なStinger5を使っているが、残念ながらStinger5ではこの現象が発生するっぽい。

この現象の対策として、一旦デフォルトで入っているテーマに変更してから、設定画面のAuto-detect Settings From URLボタンを押すことで、うまくブログを読み込めるようになるらしい。 スクリーンショット 2015 09 22 21 29 08

試しにワードプレスの公式テーマTwenty Fifteenに変更してからAuto-detect Settings From URLボタンを押してみると、自分の環境では無事にブログを読み込めた。これで何とかMars Editでブログを書く環境が整って一安心。

今回の対策は以下のブログを参照させて頂きました。ありがとうございました。

MarsEditの初期設定がエラーになる。

ちなみになぜ上記の方法でブログが読み込めるようになったかは今のところ不明。Mars Editのバグ?なんですかねぇ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする