Macでオプションなどの特殊記号を入力する方法

スポンサーリンク

コマンド(⌘)記号を入力したい

ブログなどを見ているとMacのキーボード特有の特殊記号(⌘、⌥、⌃とか)が書かれていることがあります。今回、自分でもこれらの記号を入力したかったので調べてみました。

辞書ツールを使う

実は⌘と⌥については、Google日本語入力の場合、それぞれ「コマンド」、「オプション」と入力し通常通り変換するだけで入力できるようです。しかしコントロール(⌃)とシフト(⇧)はGoogle日本語入力でも変換してくれませんでした。

ということで通常の変換候補に出てこない文字は、辞書ツールを使って自分で登録する必要があります。辞書ツールに単語を登録するためには、Macのステータスバー右上の文字入力切り替えアイコンをクリックし、表示されたメニューから「単語登録」を選択します。

辞書ツールメニュー

「単語登録」を選択すると辞書ツールに単語を登録するための単語登録パネルが表示されるので、そこに登録したい単語と記号の組み合わせを入力します。

単語登録ウィンドウ

この状態でOKをクリックすると、以後は入力した読みの変換候補として単語に入力した記号が表示されます。この単語登録で任意の単語を入力するために「文字パレット」という機能を使います。文字パレットは単語登録メニューの下の方にあります。

文字パレット選択文字パレットを選択すると文字パレットパネルが開きます。そこで任意の文字を選択すると選択した文字がクリップボードにコピーされるので、単語登録パネルで登録すれば登録が完了します。

文字パレットのUnicodeを選択し「その他の技術用記号」および「矢印」を探すと、目的の記号が見つかると思います。

文字パレット

スポンサーリンク

シェアする

フォローする