MacのEclipseで超快適にコード補完を使う設定方法

プログラミングをする際、コード補完機能は欠かせません。一度コード補完を利用すると、コード補完なしにプログラムを完成させるのはほぼ不可能といっても過言ではないでしょう。

EclipseなどのIDEは高度なコード補完機能を備えていて非常にありがたいのですが、初めてMacでEclipseを使うと少々困ったことに気が付くと思います。それは、MacのEclipseではコード補完がデフォルトでコントロール+スペースキーに割り当てられているということです。

Macではデフォルトでコントロール+スペースのキーボードショートカットにSpotlightが割り当てられているので、Eclipseでキーボードショートカットからコード補完を実行しようとしてもSpotlightが起動してしまい、コード補完が実行できません。

スポンサーリンク

シフト+スペースでコード補完!

Eclipse起動中はSpotlightを無効にすることでデフォルトのショートカットでコード補完ができるようになるんですが、そうすると今度はSpotlightが使えなくなります。Spotlightは意外と使用する機会が多いのでこれは避けたいところ。

そこで自分がやっているのがシフト+スペースにコード補完のショートカットを変更するという方法です。こうすればSpotlightのショートカットを有効にしたままコード補完をショートカットから起動できます。

もちろん他のキーにショートカットを割り当ててもいいんですが、シフトキーならホームポジションから指を動かさずにタイプできるので、通常のスペースキーでの変換と同じ感覚で使用できてイイ感じです。

WindowsからMacに移行した人にも違和感なく使えるのではないかと思うのでオススメです。(WindowsのEclipseもコード補完ショートカットはCtr+スペース)

環境設定→General→Keys→Content Assistで設定

設定方法は、設定を開き「General→Keys」を選択し、Content Assistで検索をかけてBindingに「⌃Space」と表示されている項目を選択します(日本語の場合は適宜置き換えてください)。

そして画面下側のBindingを入力する箇所をクリックし、元のBindingを消去してからシフトキーを押しながらスペースキーを押します。

これでContent AssistのBindingに⇧Spaceと表示されていればOKです。Applyを押し忘れないように注意してください。

設定ウィンドウを閉じ、エディタ上でシフト+スペースキーを押してコード補完が実行されれば作業完了です。無事に設定できていれば以下のようになっていると思います。
スクリーンショット 2015-04-08 0.56.24

スポンサーリンク

シェアする

フォローする